ラプラスの箱は山口市(山口県)でスピリチュアルカウンセリング を行っております。| お祓い 生霊


Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/laplusbox8/laplusbox8.com/public_html/wp-content/themes/sw/10-layout.php on line 19
*サンプルページ – 投稿編集用 - 山口市(山口県)でスピリチュアルカウンセリング  お祓い 生霊 | ラプラスの箱

*サンプルページ – 投稿編集用

(1)cssライブラリ

本文

リード文:lead

吾輩は猫である。名前はまだ無い。どこで生れたかとんと見当がつかぬ。何でも薄暗いじめじめした所でニャーニャー泣いていた事だけは記憶している。

 HTMLコード<p class="lead">吾輩は猫である。名前はまだ無い。どこで生れたかとんと見当がつかぬ。何でも薄暗いじめじめした所でニャーニャー泣いていた事だけは記憶している。</p>

背景付引用:bq_bk

引用見出し
引用が入ります。引用が入ります。引用が入ります。引用が入ります。引用が入ります。引用が入ります。引用が入ります。

 HTMLコード<blockquote class="bq_bk"><strong>引用見出し</strong>
引用が入ります。引用が入ります。引用が入ります。引用が入ります。引用が入ります。引用が入ります。引用が入ります。</blockquote>

テーブル

水平スクロールテーブル:res-h

テーブル見出し テーブル見出し テーブル見出し
テーブルのデータ テーブルのデータ テーブルのデータ
テーブルのデータ テーブルのデータ テーブルのデータ
 HTMLコード<table class="res-h">
  <tbody>
  <tr>
    <th>テーブル見出し</th>
    <th>テーブル見出し</th>
    <th>テーブル見出し</th>
  </tr>
  <tr>
    <td>テーブルのデータ</td>
    <td>テーブルのデータ</td>
    <td>テーブルのデータ</td>
  </tr>
  <tr>
    <td>テーブルのデータ</td>
    <td>テーブルのデータ</td>
    <td>テーブルのデータ</td>
  </tr>
  </tbody>
</table>

お問い合わせリンクスタイル:contact

◯◯◯◯◯に関することはお気軽にお問い合わせください!

000-000-0000
営業時間 月~金 9:00~18:00

お問い合わせ・資料請求

メールは24時間受け付けております。

 HTMLコード<div class="contact">
<div class="contact_sb">
<p class="lead">◯◯◯◯◯に関することはお気軽にお問い合わせください!</p>
<p class="tel"><a href="#"><i class="fa fa-phone" aria-hidden="true"></i> 000-000-0000
<small>営業時間 月~金 9:00~18:00</small></a></p>
<p class="mail"><a href="#"><i class="fa fa-envelope-o" aria-hidden="true"></i> お問い合わせ・資料請求</a></p>
<p class="ex">メールは24時間受け付けております。</p>
</div>
</div>

(2)コンポーネント

画像+文章

画像+文章(ノーマル/画像左):imgtxt_l

吾輩は猫である。名前はまだ無い。どこで生れたかとんと見当がつかぬ。何でも薄暗いじめじめした所でニャーニャー泣いていた事だけは記憶している。吾輩はここで始めて人間というものを見た。しかもあとで聞くとそれは書生という人間中で一番獰悪な種族であったそうだ。この書生というのは時々我々を捕えて煮て食うという話である。しかしその当時は何という考もなかったから別段恐しいとも思わなかった。ただ彼の掌に載せられてスーと持ち上げられた時何だかフワフワした感じがあったばかりである。
 HTMLコード<div class="imgtxt_l">
<div class="ttl"><a href="http://laplusbox8.com/wp-content/uploads/noimage-mid.png"><img class="alignnone size-full wp-image-725" src="http://laplusbox8.com/wp-content/uploads/noimage-mid.png" alt="" width="300" height="200" /></a></div>
<div class="txt">吾輩は猫である。名前はまだ無い。どこで生れたかとんと見当がつかぬ。何でも薄暗いじめじめした所でニャーニャー泣いていた事だけは記憶している。吾輩はここで始めて人間というものを見た。しかもあとで聞くとそれは書生という人間中で一番獰悪な種族であったそうだ。この書生というのは時々我々を捕えて煮て食うという話である。しかしその当時は何という考もなかったから別段恐しいとも思わなかった。ただ彼の掌に載せられてスーと持ち上げられた時何だかフワフワした感じがあったばかりである。</div>
</div>

画像+文章(ノーマル/画像右):imgtxt_r

吾輩は猫である。名前はまだ無い。どこで生れたかとんと見当がつかぬ。何でも薄暗いじめじめした所でニャーニャー泣いていた事だけは記憶している。吾輩はここで始めて人間というものを見た。しかもあとで聞くとそれは書生という人間中で一番獰悪な種族であったそうだ。この書生というのは時々我々を捕えて煮て食うという話である。しかしその当時は何という考もなかったから別段恐しいとも思わなかった。ただ彼の掌に載せられてスーと持ち上げられた時何だかフワフワした感じがあったばかりである。
 HTMLコード<div class="imgtxt_r">
<div class="ttl"><a href="http://laplusbox8.com/wp-content/uploads/noimage-mid.png"><img class="alignnone size-full wp-image-725" src="http://laplusbox8.com/wp-content/uploads/noimage-mid.png" alt="" width="300" height="200" /></a></div>
<div class="txt">吾輩は猫である。名前はまだ無い。どこで生れたかとんと見当がつかぬ。何でも薄暗いじめじめした所でニャーニャー泣いていた事だけは記憶している。吾輩はここで始めて人間というものを見た。しかもあとで聞くとそれは書生という人間中で一番獰悪な種族であったそうだ。この書生というのは時々我々を捕えて煮て食うという話である。しかしその当時は何という考もなかったから別段恐しいとも思わなかった。ただ彼の掌に載せられてスーと持ち上げられた時何だかフワフワした感じがあったばかりである。</div>
</div>

画像+文章(フルワイズ)

画像+文章(フルワイズ/画像左):imgtxt_full_l

吾輩は猫である。名前はまだ無い。どこで生れたかとんと見当がつかぬ。何でも薄暗いじめじめした所でニャーニャー泣いていた事だけは記憶している。吾輩はここで始めて人間というものを見た。しかもあとで聞くとそれは書生という人間中で一番獰悪な種族であったそうだ。この書生というのは時々我々を捕えて煮て食うという話である。しかしその当時は何という考もなかったから別段恐しいとも思わなかった。ただ彼の掌に載せられてスーと持ち上げられた時何だかフワフワした感じがあったばかりである。
 HTMLコード<div class="imgtxt_full_l">
<div class="ttl"><a href="http://laplusbox8.com/wp-content/uploads/noimage-mid.png"><img class="alignnone size-full wp-image-725" src="http://laplusbox8.com/wp-content/uploads/noimage-mid.png" alt="" width="300" height="200" /></a></div>
<div class="txt">吾輩は猫である。名前はまだ無い。どこで生れたかとんと見当がつかぬ。何でも薄暗いじめじめした所でニャーニャー泣いていた事だけは記憶している。吾輩はここで始めて人間というものを見た。しかもあとで聞くとそれは書生という人間中で一番獰悪な種族であったそうだ。この書生というのは時々我々を捕えて煮て食うという話である。しかしその当時は何という考もなかったから別段恐しいとも思わなかった。ただ彼の掌に載せられてスーと持ち上げられた時何だかフワフワした感じがあったばかりである。</div>
</div>

画像+文章(フルワイズ/画像右):imgtxt_full_r

吾輩は猫である。名前はまだ無い。どこで生れたかとんと見当がつかぬ。何でも薄暗いじめじめした所でニャーニャー泣いていた事だけは記憶している。吾輩はここで始めて人間というものを見た。しかもあとで聞くとそれは書生という人間中で一番獰悪な種族であったそうだ。この書生というのは時々我々を捕えて煮て食うという話である。しかしその当時は何という考もなかったから別段恐しいとも思わなかった。ただ彼の掌に載せられてスーと持ち上げられた時何だかフワフワした感じがあったばかりである。
 HTMLコード<div class="imgtxt_full_r">
<div class="ttl"><a href="http://laplusbox8.com/wp-content/uploads/noimage-mid.png"><img class="alignnone size-full wp-image-725" src="http://laplusbox8.com/wp-content/uploads/noimage-mid.png" alt="" width="300" height="200" /></a></div>
<div class="txt">吾輩は猫である。名前はまだ無い。どこで生れたかとんと見当がつかぬ。何でも薄暗いじめじめした所でニャーニャー泣いていた事だけは記憶している。吾輩はここで始めて人間というものを見た。しかもあとで聞くとそれは書生という人間中で一番獰悪な種族であったそうだ。この書生というのは時々我々を捕えて煮て食うという話である。しかしその当時は何という考もなかったから別段恐しいとも思わなかった。ただ彼の掌に載せられてスーと持ち上げられた時何だかフワフワした感じがあったばかりである。</div>
</div>

価格カード:price_card

価格カード(1個)

商品名A – AAAA11111
23,000
吾輩は猫である。名前はまだ無い。どこで生れたかとんと見当がつかぬ。
 HTMLコード<div class="price_card">
<div class="price_card-in">
<div class="ttl">商品名A - AAAA11111</div>
<div class="prc">23,000<span class="cu">円</span></div>
<div class="ex">吾輩は猫である。名前はまだ無い。どこで生れたかとんと見当がつかぬ。</div>
<div class="buy"><a href="#">詳細</a></div>
</div>
</div>

価格カード(2個)

商品名A – AAAA11111
23,000
吾輩は猫である。名前はまだ無い。どこで生れたかとんと見当がつかぬ。
商品名A – AAAA11111
23,000
吾輩は猫である。名前はまだ無い。どこで生れたかとんと見当がつかぬ。
 HTMLコード<div class="price_card">
<div class="price_card-in">
<div class="ttl">商品名A - AAAA11111</div>
<div class="prc">23,000<span class="cu">円</span></div>
<div class="ex">吾輩は猫である。名前はまだ無い。どこで生れたかとんと見当がつかぬ。</div>
<div class="buy"><a href="#">詳細</a></div>
</div>
</div>

価格カード(3個)

商品名A – AAAA11111
23,000
吾輩は猫である。名前はまだ無い。どこで生れたかとんと見当がつかぬ。
商品名A – AAAA11111
23,000
吾輩は猫である。名前はまだ無い。どこで生れたかとんと見当がつかぬ。
商品名A – AAAA11111
23,000
吾輩は猫である。名前はまだ無い。どこで生れたかとんと見当がつかぬ。
 HTMLコード<div class="price_card">
<div class="price_card-in">
<div class="ttl">商品名A - AAAA11111</div>
<div class="prc">23,000<span class="cu">円</span></div>
<div class="ex">吾輩は猫である。名前はまだ無い。どこで生れたかとんと見当がつかぬ。</div>
<div class="buy"><a href="#">詳細</a></div>
</div>
<div class="price_card-in">
<div class="ttl">商品名A - AAAA11111</div>
<div class="prc">23,000<span class="cu">円</span></div>
<div class="ex">吾輩は猫である。名前はまだ無い。どこで生れたかとんと見当がつかぬ。</div>
<div class="buy"><a href="#">詳細</a></div>
</div>
<div class="price_card-in">
<div class="ttl">商品名A - AAAA11111</div>
<div class="prc">23,000<span class="cu">円</span></div>
<div class="ex">吾輩は猫である。名前はまだ無い。どこで生れたかとんと見当がつかぬ。</div>
<div class="buy"><a href="#">詳細</a></div>
</div>
</div>

フロー図:flow_chart

登録からお仕事開始までの流れ

  • 登録の申し込み
    吾輩は猫である。名前はまだ無い。どこで生れたかとんと見当がつかぬ。吾輩は猫である。名前はまだ無い。どこで生れたかとんと見当がつかぬ。吾輩は猫である。名前はまだ無い。どこで生れたかとんと見当がつかぬ。
  • 登録のご説明
    吾輩は猫である。名前はまだ無い。どこで生れたかとんと見当がつかぬ。
  • 登録書類のご記入
    吾輩は猫である。名前はまだ無い。どこで生れたかとんと見当がつかぬ。吾輩は猫である。名前はまだ無い。どこで生れたかとんと見当がつかぬ。吾輩は猫である。名前はまだ無い。どこで生れたかとんと見当がつかぬ。
  • コーディネーターとの面談
    吾輩は猫である。名前はまだ無い。どこで生れたかとんと見当がつかぬ。
  • お仕事開始
    吾輩は猫である。名前はまだ無い。どこで生れたかとんと見当がつかぬ。吾輩は猫である。名前はまだ無い。どこで生れたかとんと見当がつかぬ。吾輩は猫である。名前はまだ無い。どこで生れたかとんと見当がつかぬ。
 HTMLコード<div class="flow_chart">
<p class="ttl">登録からお仕事開始までの流れ</p>
<ul>
<li class="flow-box">
<div class="flow-l">登録の申し込み</div>
<div class="flow-r">吾輩は猫である。名前はまだ無い。どこで生れたかとんと見当がつかぬ。吾輩は猫である。名前はまだ無い。どこで生れたかとんと見当がつかぬ。吾輩は猫である。名前はまだ無い。どこで生れたかとんと見当がつかぬ。</div></li>
<li class="flow-box">
<div class="flow-l">登録のご説明</div>
<div class="flow-r">吾輩は猫である。名前はまだ無い。どこで生れたかとんと見当がつかぬ。</div></li>
<li class="flow-box">
<div class="flow-l">登録書類のご記入</div>
<div class="flow-r">吾輩は猫である。名前はまだ無い。どこで生れたかとんと見当がつかぬ。吾輩は猫である。名前はまだ無い。どこで生れたかとんと見当がつかぬ。吾輩は猫である。名前はまだ無い。どこで生れたかとんと見当がつかぬ。</div></li>
<li class="flow-box">
<div class="flow-l">コーディネーターとの面談</div>
<div class="flow-r">吾輩は猫である。名前はまだ無い。どこで生れたかとんと見当がつかぬ。</div></li>
<li class="flow-box">
<div class="flow-l">お仕事開始</div>
<div class="flow-r">吾輩は猫である。名前はまだ無い。どこで生れたかとんと見当がつかぬ。吾輩は猫である。名前はまだ無い。どこで生れたかとんと見当がつかぬ。吾輩は猫である。名前はまだ無い。どこで生れたかとんと見当がつかぬ。</div></li>
</ul>
</div>

フロー図:flow_chart

タイトルが入ります。タイトルが入ります。吾輩は猫である。名前はまだ無い。どこで生れたかとんと見当がつかぬ。何でも薄暗いじめじめした所でニャーニャー泣いていた事だけは記憶している。吾輩はここで始めて人間というものを見た。しかもあとで聞くとそれは書生という人間中で一番獰悪な種族であったそうだ。この書生というのは時々我々を捕えて煮て食うという話である。しかしその当時は何という考もなかったから別段恐しいとも思わなかった。ただ彼の掌に載せられてスーと持ち上げられた時何だかフワフワした感じがあったばかりである。
タイトルが入ります。タイトルが入ります。吾輩は猫である。名前はまだ無い。どこで生れたかとんと見当がつかぬ。何でも薄暗いじめじめした所でニャーニャー泣いていた事だけは記憶している。吾輩はここで始めて人間というものを見た。しかもあとで聞くとそれは書生という人間中で一番獰悪な種族であったそうだ。この書生というのは時々我々を捕えて煮て食うという話である。しかしその当時は何という考もなかったから別段恐しいとも思わなかった。ただ彼の掌に載せられてスーと持ち上げられた時何だかフワフワした感じがあったばかりである。
 HTMLコード<div class="flow_chart2">
<div class="img"><img class="alignnone size-full wp-image-725" src="http://laplusbox8.com/wp-content/uploads/noimage-mid.png" alt="" width="300" height="200" /></div>
<div class="txt"><strong>タイトルが入ります。タイトルが入ります。</strong>吾輩は猫である。名前はまだ無い。どこで生れたかとんと見当がつかぬ。何でも薄暗いじめじめした所でニャーニャー泣いていた事だけは記憶している。吾輩はここで始めて人間というものを見た。しかもあとで聞くとそれは書生という人間中で一番獰悪な種族であったそうだ。この書生というのは時々我々を捕えて煮て食うという話である。しかしその当時は何という考もなかったから別段恐しいとも思わなかった。ただ彼の掌に載せられてスーと持ち上げられた時何だかフワフワした感じがあったばかりである。</div>
</div>
<div class="flow_mark"><img src="http://laplusbox8.com/wp-content/themes/sw/img/flow_mark.png" /></div>
<div class="flow_chart2">
<div class="img"><img class="alignnone size-full wp-image-725" src="http://laplusbox8.com/wp-content/uploads/noimage-mid.png" alt="" width="300" height="200" /></div>
<div class="txt"><strong>タイトルが入ります。タイトルが入ります。</strong>吾輩は猫である。名前はまだ無い。どこで生れたかとんと見当がつかぬ。何でも薄暗いじめじめした所でニャーニャー泣いていた事だけは記憶している。吾輩はここで始めて人間というものを見た。しかもあとで聞くとそれは書生という人間中で一番獰悪な種族であったそうだ。この書生というのは時々我々を捕えて煮て食うという話である。しかしその当時は何という考もなかったから別段恐しいとも思わなかった。ただ彼の掌に載せられてスーと持ち上げられた時何だかフワフワした感じがあったばかりである。</div>
</div>

イメージボックススタイル

サンプル画像
タイトルが入ります吾輩は猫である。名前はまだ無い。どこで生れたかとんと見当がつかぬ。何でも薄暗いじめじめした所でニャーニャー泣いていた事だけは記憶している。吾輩はここで始めて人間というものを見た。しかもあとで聞くとそれは書生という人間中で一番獰悪な種族であったそうだ。この書生というのは時々我々を捕えて煮て食うという話である。しかしその当時は何という考もなかったから別段恐しいとも思わなかった。ただ彼の掌に載せられてスーと持ち上げられた時何だかフワフワした感じがあったばかりである。
 HTMLコード<div class="image_box">
<div class="img"><img src="http://laplusbox8.com/wp-content/uploads/noimage-mid-300x200.png" alt="サンプル画像" /></div>
<div class="txt"><strong>タイトルが入ります</strong>吾輩は猫である。名前はまだ無い。どこで生れたかとんと見当がつかぬ。何でも薄暗いじめじめした所でニャーニャー泣いていた事だけは記憶している。吾輩はここで始めて人間というものを見た。しかもあとで聞くとそれは書生という人間中で一番獰悪な種族であったそうだ。この書生というのは時々我々を捕えて煮て食うという話である。しかしその当時は何という考もなかったから別段恐しいとも思わなかった。ただ彼の掌に載せられてスーと持ち上げられた時何だかフワフワした感じがあったばかりである。</div>
</div>

料金プラン:rate_plan

商品名A – AAAA11111 商品名B – AAAA11111 商品名C – AAAA11111
月額料金 10,000 20,000 30,000
特徴
ネットショップ
ECサイトとブログを含む
AAAAA AAAAA AAAAA
ネットショップ
ECサイトとブログを含む
BBBBB BBBBB BBBBB
ネットショップ
ECサイトとブログを含む
CCCCC CCCCC CCCCC
ネットショップ
ECサイトとブログを含む
DDDDD DDDDD DDDDD
詳細 詳細 詳細
 HTMLコード<table class="rate_plan">
<tbody>
<tr class="ttl">
<th></th>
<th>商品名A – AAAA11111</th>
<th>商品名B – AAAA11111</th>
<th>商品名C – AAAA11111</th>
</tr>
<tr class="prc">
<th>月額料金</th>
<td>10,000<span class="cu">円</span></td>
<td>20,000<span class="cu">円</span></td>
<td>30,000<span class="cu">円</span></td>
</tr>
<tr>
<th class="feature" colspan="4">特徴</th>
</tr>
<tr>
<th>ネットショップ
ECサイトとブログを含む</th>
<td>AAAAA</td>
<td>AAAAA</td>
<td>AAAAA</td>
</tr>
<tr>
<th>ネットショップ
ECサイトとブログを含む</th>
<td>BBBBB</td>
<td>BBBBB</td>
<td>BBBBB</td>
</tr>
<tr>
<th>ネットショップ
ECサイトとブログを含む</th>
<td>CCCCC</td>
<td>CCCCC</td>
<td>CCCCC</td>
</tr>
<tr>
<th>ネットショップ
ECサイトとブログを含む</th>
<td>DDDDD</td>
<td>DDDDD</td>
<td>DDDDD</td>
</tr>
<tr class="buy">
<th></th>
<td><a href="#">詳細</a></td>
<td><a href="#">詳細</a></td>
<td><a href="#">詳細</a></td>
</tr>
</tbody>
</table>

Q&A

吾輩は猫である。名前はまだ無い。どこで生れたかとんと見当がつかぬ。?
吾輩は猫である。名前はまだ無い。どこで生れたかとんと見当がつかぬ。吾輩は猫である。名前はまだ無い。どこで生れたかとんと見当がつかぬ。吾輩は猫である。名前はまだ無い。どこで生れたかとんと見当がつかぬ。
 HTMLコード<div class="faq_list">
<dl>
<dt>吾輩は猫である。名前はまだ無い。どこで生れたかとんと見当がつかぬ。?</dt>
<dd>吾輩は猫である。名前はまだ無い。どこで生れたかとんと見当がつかぬ。吾輩は猫である。名前はまだ無い。どこで生れたかとんと見当がつかぬ。吾輩は猫である。名前はまだ無い。どこで生れたかとんと見当がつかぬ。</dd>
</dl>
</div>

ポイント説明::point_list

見出し見出し

キャプションキャプションキャプションキャプション

文章が入ります。文章が入ります。文章が入ります。文章が入ります。文章が入ります。

見出し見出し

キャプションキャプションキャプションキャプション

文章が入ります。文章が入ります。文章が入ります。文章が入ります。文章が入ります。

見出し見出し

キャプションキャプションキャプションキャプション

文章が入ります。文章が入ります。文章が入ります。文章が入ります。文章が入ります。

見出し見出し

キャプションキャプションキャプションキャプション

文章が入ります。文章が入ります。文章が入ります。文章が入ります。文章が入ります。

見出し見出し

キャプションキャプションキャプションキャプション

文章が入ります。文章が入ります。文章が入ります。文章が入ります。文章が入ります。

 HTMLコード<div class="point_list"><section><header>
<p class="ttl">見出し見出し</p>
<p class="cap"><small>キャプションキャプションキャプションキャプション</small></p>
</header>文章が入ります。文章が入ります。文章が入ります。文章が入ります。文章が入ります。
</section><section><header>
<p class="ttl">見出し見出し</p>
<p class="cap"><small>キャプションキャプションキャプションキャプション</small></p>
</header>文章が入ります。文章が入ります。文章が入ります。文章が入ります。文章が入ります。
</section><section><header>
<p class="ttl">見出し見出し</p>
<p class="cap"><small>キャプションキャプションキャプションキャプション</small></p>
</header>文章が入ります。文章が入ります。文章が入ります。文章が入ります。文章が入ります。
</section><section><header>
<p class="ttl">見出し見出し</p>
<p class="cap"><small>キャプションキャプションキャプションキャプション</small></p>
</header>文章が入ります。文章が入ります。文章が入ります。文章が入ります。文章が入ります。
</section><section><header>
<p class="ttl">見出し見出し</p>
<p class="cap"><small>キャプションキャプションキャプションキャプション</small></p>
</header>文章が入ります。文章が入ります。文章が入ります。文章が入ります。文章が入ります。
</section></div>

リンクボタン:blk

リンクボタン(1個)

 HTMLコード<div class="blk"><a href="#">詳細はこちら <i class="fa fa-arrow-circle-right" aria-hidden="true"></i></a></div>

リンクボタン(2個)

 HTMLコード<div class="blk"><a href="#">詳細はこちら <i class="fa fa-arrow-circle-right" aria-hidden="true"></i></a><a href="#">詳細はこちら <i class="fa fa-arrow-circle-right" aria-hidden="true"></i></a></div>

リンクボタン(3個)

 HTMLコード<div class="blk"><a href="#">詳細はこちら <i class="fa fa-arrow-circle-right" aria-hidden="true"></i></a><a href="#">詳細はこちら <i class="fa fa-arrow-circle-right" aria-hidden="true"></i></a><a href="#">詳細はこちら <i class="fa fa-arrow-circle-right" aria-hidden="true"></i></a></div>

リンクボタン(4個)

 HTMLコード<div class="blk"><a href="#">詳細はこちら <i class="fa fa-arrow-circle-right" aria-hidden="true"></i></a><a href="#">詳細はこちら <i class="fa fa-arrow-circle-right" aria-hidden="true"></i></a><a href="#">詳細はこちら <i class="fa fa-arrow-circle-right" aria-hidden="true"></i></a><a href="#">詳細はこちら <i class="fa fa-arrow-circle-right" aria-hidden="true"></i></a></div>

リンクボタン(2個/中央)

 HTMLコード<div class="blk blk-c"><a href="#">詳細はこちら <i class="fa fa-arrow-circle-right" aria-hidden="true"></i></a><a href="#">詳細はこちら <i class="fa fa-arrow-circle-right" aria-hidden="true"></i></a></div>

リンクボタン(4個/中央)

 HTMLコード<div class="blk blk-c"><a href="#">詳細はこちら <i class="fa fa-arrow-circle-right" aria-hidden="true"></i></a><a href="#">詳細はこちら <i class="fa fa-arrow-circle-right" aria-hidden="true"></i></a><a href="#">詳細はこちら <i class="fa fa-arrow-circle-right" aria-hidden="true"></i></a><a href="#">詳細はこちら <i class="fa fa-arrow-circle-right" aria-hidden="true"></i></a></div>

リンクボタン(マルチ)

 HTMLコード<div class="blk blk-multi"><a href="#">詳細はこちら <i class="fa fa-arrow-circle-right" aria-hidden="true"></i></a><a href="#">詳細はこちら <i class="fa fa-arrow-circle-right" aria-hidden="true"></i></a><a href="#">詳細はこちら <i class="fa fa-arrow-circle-right" aria-hidden="true"></i></a><a href="#">詳細はこちら <i class="fa fa-arrow-circle-right" aria-hidden="true"></i></a></div>

チャットスタイル:chat_normal

チャットスタイル(通常)

名前

吾輩は猫である。名前はまだ無い。どこで生れたかとんと見当がつかぬ。何でも薄暗いじめじめした所でニャーニャー泣いていた事だけは記憶している。吾輩はここで始めて人間というものを見た。しかもあとで聞くとそれは書生という人間中で一番獰悪な種族であったそうだ。この書生というのは時々我々を捕えて煮て食うという話である。しかしその当時は何という考もなかったから別段恐しいとも思わなかった。ただ彼の掌に載せられてスーと持ち上げられた時何だかフワフワした感じがあったばかりである。
 HTMLコード<div class="chat_normal">
<div class="img">
<img class="alignnone size-full wp-image-626" src="http://laplusbox8.com/wp-content/uploads/noimage.png" alt="" width="150" height="150" />
<p class="name">名前</p>
</div>
<div class="ex">吾輩は猫である。名前はまだ無い。どこで生れたかとんと見当がつかぬ。何でも薄暗いじめじめした所でニャーニャー泣いていた事だけは記憶している。吾輩はここで始めて人間というものを見た。しかもあとで聞くとそれは書生という人間中で一番獰悪な種族であったそうだ。この書生というのは時々我々を捕えて煮て食うという話である。しかしその当時は何という考もなかったから別段恐しいとも思わなかった。ただ彼の掌に載せられてスーと持ち上げられた時何だかフワフワした感じがあったばかりである。</div>
</div>

(3)ランディングページ用デザイン

見出し

背景色が変更可能なテーブル見出し:headline_table

テーブル見出し

文章が入ります。文章が入ります。文章が入ります。文章が入ります。文章が入ります。文章が入ります。文章が入ります。文章が入ります。文章が入ります。文章が入ります。文章が入ります。文章が入ります。文章が入ります。文章が入ります。文章が入ります。文章が入ります。文章が入ります。文章が入ります。

 HTMLコード<table class="headline_table">
<tbody>
<tr>
<td>テーブル見出し</td>
</tr>
</tbody>
</table>

(4)その他

アイコン

awesome font

ホーム
チェック
ダウンロード
注意
カート
アイコンリスト

 HTMLコード<p><i class="fa fa-home"></i> ホーム</p>
<p><i class="fa fa-check"></i> チェック</p>
<p><i class="fa fa-download"></i> ダウンロード</p>
<p><i class="fa fa-warning"></i> 注意</p>
<p><i class="fa fa-shopping-cart"></i> カート</p>

レスポンシブ画像

レスポンシブイメージ – プラグインなし

レスポンシブイメージ – プラグインあり

 HTMLコード<img class="res_img" src="http://laplusbox8.com/wp-content/themes/sw/img/responsiveimg.png">
※スマートフォンサイズ(468px以下)ではresponsiveimg_sp.pngという画像に切り替わる

(2)コンポーネント

チームメンバー

カウントダウン

お問い合わせ

お気軽にお問い合わせください。

スピリチュアルカウンセリングに関することはお気軽にお問い合わせください!

080-5233-3788

電話が繋がりにくいときがあります。

まずはメールでお問い合わせ下さい。

平日 10:00 - 20:00/土日 10:00 - 18:00
(不定休)

お問い合わせ

メールは24時間受け付けております。

ソーシャルボタン

こちらの記事も読まれています。

  • 自分に水子霊はいないのに憑いていたのは・・・自分に水子霊はいないのに憑いていたのは・・・ 【水子霊の想い】 この話は水子霊が憑依して起きたものです。様々な霊的な原因もあり、よりパワフルに現れました。なんでも水子霊のせいにしているのではないのですがこんな事例もあるのだと知っていただければと思います。 ある方は結婚後に、相手といるとささいなことで何度も離婚を考えたり、口に出していました。親までもがそれに乗っかり、相手を呼び出して離婚を迫ったりして何とか離婚 […]
  • ワクワクすることあなたの創造性を開花させる触媒ワクワクすることあなたの創造性を開花させる触媒 ワクワクすると言う事は一体何なんでしょうか? それはドキドキ感や興奮しているエキサイティングな感じ、元気でエネルギッシュな感じ、どれもポジティブなイメージですよね? ワクワクすることそれ自体にエネルギーはありません。 ワクワクする状態であるときにあなたはエネルギーを受け取るのです。 その時には自分にとって1番楽しいと思える事は、実際に実現できるのだとい […]
  • 墓終いとはなんだろう?これからの時代の供養とは…墓終いとはなんだろう?これからの時代の供養とは… 先日あるご相談をいただき、とある街へと出張することになった時の話しです。 それは自分の家のお墓についてでした。 以前にお墓の整理をしたいのだが、どうしたらよいのかわからないというご相談を受けていました。 その時の対面カウンセリングではいろいろな話しをさせていただきましたが、何かが突き動かし私にご依頼がきたのでした。 自分は分家であり、隣にある大きな本家 […]
  • 霊の種類霊の種類 【霊とは何か?】 霊とは何か?を一言で表現するなら、エネルギーです。存在全てはエネルギーですから霊はその一つの形といえます。 この宇宙も霊であり、あなたも霊であり全てはエネルギーの変化で成り立っているのです。 その意味で霊の影響を受けない人は1人もいません。 【人にはどんな霊が憑くの?】 浮遊霊・因縁霊・地縛霊・自殺霊・生き霊・動物の霊・自然霊・ […]
  • 無明を彷徨い人に入っていた霊を迎えに来てくれた生前の家族無明を彷徨い人に入っていた霊を迎えに来てくれた生前の家族 【霊に憑依されやすい女の子】 ある日訪ねて来たその子は仕事や人間関係で悩んでいました。 お話を聞いていると上司や同僚の姿が見えてきました。録音や盗撮、はたまたPCの中もチェックされていたようです。 退職をするようでしたので、いろいろとアドバイスをしました。 自分の因果や、自分が変わることの大切さについてです。 この事をなかなか受け入れてもらえない […]

前後の記事

  前の記事
  次の記事
PAGE TOP