ラプラスの箱は山口市(山口県)でスピリチュアルカウンセリング を行っております。| お祓い 生霊


Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/laplusbox8/laplusbox8.com/public_html/wp-content/themes/sw/10-layout.php on line 19
*サンプルページ – 投稿編集用 - 山口市(山口県)でスピリチュアルカウンセリング  お祓い 生霊 | ラプラスの箱

*サンプルページ – 投稿編集用

(1)cssライブラリ

本文

リード文:lead

吾輩は猫である。名前はまだ無い。どこで生れたかとんと見当がつかぬ。何でも薄暗いじめじめした所でニャーニャー泣いていた事だけは記憶している。

 HTMLコード<p class="lead">吾輩は猫である。名前はまだ無い。どこで生れたかとんと見当がつかぬ。何でも薄暗いじめじめした所でニャーニャー泣いていた事だけは記憶している。</p>

背景付引用:bq_bk

引用見出し
引用が入ります。引用が入ります。引用が入ります。引用が入ります。引用が入ります。引用が入ります。引用が入ります。

 HTMLコード<blockquote class="bq_bk"><strong>引用見出し</strong>
引用が入ります。引用が入ります。引用が入ります。引用が入ります。引用が入ります。引用が入ります。引用が入ります。</blockquote>

テーブル

水平スクロールテーブル:res-h

テーブル見出し テーブル見出し テーブル見出し
テーブルのデータ テーブルのデータ テーブルのデータ
テーブルのデータ テーブルのデータ テーブルのデータ
 HTMLコード<table class="res-h">
  <tbody>
  <tr>
    <th>テーブル見出し</th>
    <th>テーブル見出し</th>
    <th>テーブル見出し</th>
  </tr>
  <tr>
    <td>テーブルのデータ</td>
    <td>テーブルのデータ</td>
    <td>テーブルのデータ</td>
  </tr>
  <tr>
    <td>テーブルのデータ</td>
    <td>テーブルのデータ</td>
    <td>テーブルのデータ</td>
  </tr>
  </tbody>
</table>

お問い合わせリンクスタイル:contact

◯◯◯◯◯に関することはお気軽にお問い合わせください!

000-000-0000
営業時間 月~金 9:00~18:00

お問い合わせ・資料請求

メールは24時間受け付けております。

 HTMLコード<div class="contact">
<div class="contact_sb">
<p class="lead">◯◯◯◯◯に関することはお気軽にお問い合わせください!</p>
<p class="tel"><a href="#"><i class="fa fa-phone" aria-hidden="true"></i> 000-000-0000
<small>営業時間 月~金 9:00~18:00</small></a></p>
<p class="mail"><a href="#"><i class="fa fa-envelope-o" aria-hidden="true"></i> お問い合わせ・資料請求</a></p>
<p class="ex">メールは24時間受け付けております。</p>
</div>
</div>

(2)コンポーネント

画像+文章

画像+文章(ノーマル/画像左):imgtxt_l

吾輩は猫である。名前はまだ無い。どこで生れたかとんと見当がつかぬ。何でも薄暗いじめじめした所でニャーニャー泣いていた事だけは記憶している。吾輩はここで始めて人間というものを見た。しかもあとで聞くとそれは書生という人間中で一番獰悪な種族であったそうだ。この書生というのは時々我々を捕えて煮て食うという話である。しかしその当時は何という考もなかったから別段恐しいとも思わなかった。ただ彼の掌に載せられてスーと持ち上げられた時何だかフワフワした感じがあったばかりである。
 HTMLコード<div class="imgtxt_l">
<div class="ttl"><a href="http://laplusbox8.com/wp-content/uploads/noimage-mid.png"><img class="alignnone size-full wp-image-725" src="http://laplusbox8.com/wp-content/uploads/noimage-mid.png" alt="" width="300" height="200" /></a></div>
<div class="txt">吾輩は猫である。名前はまだ無い。どこで生れたかとんと見当がつかぬ。何でも薄暗いじめじめした所でニャーニャー泣いていた事だけは記憶している。吾輩はここで始めて人間というものを見た。しかもあとで聞くとそれは書生という人間中で一番獰悪な種族であったそうだ。この書生というのは時々我々を捕えて煮て食うという話である。しかしその当時は何という考もなかったから別段恐しいとも思わなかった。ただ彼の掌に載せられてスーと持ち上げられた時何だかフワフワした感じがあったばかりである。</div>
</div>

画像+文章(ノーマル/画像右):imgtxt_r

吾輩は猫である。名前はまだ無い。どこで生れたかとんと見当がつかぬ。何でも薄暗いじめじめした所でニャーニャー泣いていた事だけは記憶している。吾輩はここで始めて人間というものを見た。しかもあとで聞くとそれは書生という人間中で一番獰悪な種族であったそうだ。この書生というのは時々我々を捕えて煮て食うという話である。しかしその当時は何という考もなかったから別段恐しいとも思わなかった。ただ彼の掌に載せられてスーと持ち上げられた時何だかフワフワした感じがあったばかりである。
 HTMLコード<div class="imgtxt_r">
<div class="ttl"><a href="http://laplusbox8.com/wp-content/uploads/noimage-mid.png"><img class="alignnone size-full wp-image-725" src="http://laplusbox8.com/wp-content/uploads/noimage-mid.png" alt="" width="300" height="200" /></a></div>
<div class="txt">吾輩は猫である。名前はまだ無い。どこで生れたかとんと見当がつかぬ。何でも薄暗いじめじめした所でニャーニャー泣いていた事だけは記憶している。吾輩はここで始めて人間というものを見た。しかもあとで聞くとそれは書生という人間中で一番獰悪な種族であったそうだ。この書生というのは時々我々を捕えて煮て食うという話である。しかしその当時は何という考もなかったから別段恐しいとも思わなかった。ただ彼の掌に載せられてスーと持ち上げられた時何だかフワフワした感じがあったばかりである。</div>
</div>

画像+文章(フルワイズ)

画像+文章(フルワイズ/画像左):imgtxt_full_l

吾輩は猫である。名前はまだ無い。どこで生れたかとんと見当がつかぬ。何でも薄暗いじめじめした所でニャーニャー泣いていた事だけは記憶している。吾輩はここで始めて人間というものを見た。しかもあとで聞くとそれは書生という人間中で一番獰悪な種族であったそうだ。この書生というのは時々我々を捕えて煮て食うという話である。しかしその当時は何という考もなかったから別段恐しいとも思わなかった。ただ彼の掌に載せられてスーと持ち上げられた時何だかフワフワした感じがあったばかりである。
 HTMLコード<div class="imgtxt_full_l">
<div class="ttl"><a href="http://laplusbox8.com/wp-content/uploads/noimage-mid.png"><img class="alignnone size-full wp-image-725" src="http://laplusbox8.com/wp-content/uploads/noimage-mid.png" alt="" width="300" height="200" /></a></div>
<div class="txt">吾輩は猫である。名前はまだ無い。どこで生れたかとんと見当がつかぬ。何でも薄暗いじめじめした所でニャーニャー泣いていた事だけは記憶している。吾輩はここで始めて人間というものを見た。しかもあとで聞くとそれは書生という人間中で一番獰悪な種族であったそうだ。この書生というのは時々我々を捕えて煮て食うという話である。しかしその当時は何という考もなかったから別段恐しいとも思わなかった。ただ彼の掌に載せられてスーと持ち上げられた時何だかフワフワした感じがあったばかりである。</div>
</div>

画像+文章(フルワイズ/画像右):imgtxt_full_r

吾輩は猫である。名前はまだ無い。どこで生れたかとんと見当がつかぬ。何でも薄暗いじめじめした所でニャーニャー泣いていた事だけは記憶している。吾輩はここで始めて人間というものを見た。しかもあとで聞くとそれは書生という人間中で一番獰悪な種族であったそうだ。この書生というのは時々我々を捕えて煮て食うという話である。しかしその当時は何という考もなかったから別段恐しいとも思わなかった。ただ彼の掌に載せられてスーと持ち上げられた時何だかフワフワした感じがあったばかりである。
 HTMLコード<div class="imgtxt_full_r">
<div class="ttl"><a href="http://laplusbox8.com/wp-content/uploads/noimage-mid.png"><img class="alignnone size-full wp-image-725" src="http://laplusbox8.com/wp-content/uploads/noimage-mid.png" alt="" width="300" height="200" /></a></div>
<div class="txt">吾輩は猫である。名前はまだ無い。どこで生れたかとんと見当がつかぬ。何でも薄暗いじめじめした所でニャーニャー泣いていた事だけは記憶している。吾輩はここで始めて人間というものを見た。しかもあとで聞くとそれは書生という人間中で一番獰悪な種族であったそうだ。この書生というのは時々我々を捕えて煮て食うという話である。しかしその当時は何という考もなかったから別段恐しいとも思わなかった。ただ彼の掌に載せられてスーと持ち上げられた時何だかフワフワした感じがあったばかりである。</div>
</div>

価格カード:price_card

価格カード(1個)

商品名A – AAAA11111
23,000
吾輩は猫である。名前はまだ無い。どこで生れたかとんと見当がつかぬ。
 HTMLコード<div class="price_card">
<div class="price_card-in">
<div class="ttl">商品名A - AAAA11111</div>
<div class="prc">23,000<span class="cu">円</span></div>
<div class="ex">吾輩は猫である。名前はまだ無い。どこで生れたかとんと見当がつかぬ。</div>
<div class="buy"><a href="#">詳細</a></div>
</div>
</div>

価格カード(2個)

商品名A – AAAA11111
23,000
吾輩は猫である。名前はまだ無い。どこで生れたかとんと見当がつかぬ。
商品名A – AAAA11111
23,000
吾輩は猫である。名前はまだ無い。どこで生れたかとんと見当がつかぬ。
 HTMLコード<div class="price_card">
<div class="price_card-in">
<div class="ttl">商品名A - AAAA11111</div>
<div class="prc">23,000<span class="cu">円</span></div>
<div class="ex">吾輩は猫である。名前はまだ無い。どこで生れたかとんと見当がつかぬ。</div>
<div class="buy"><a href="#">詳細</a></div>
</div>
</div>

価格カード(3個)

商品名A – AAAA11111
23,000
吾輩は猫である。名前はまだ無い。どこで生れたかとんと見当がつかぬ。
商品名A – AAAA11111
23,000
吾輩は猫である。名前はまだ無い。どこで生れたかとんと見当がつかぬ。
商品名A – AAAA11111
23,000
吾輩は猫である。名前はまだ無い。どこで生れたかとんと見当がつかぬ。
 HTMLコード<div class="price_card">
<div class="price_card-in">
<div class="ttl">商品名A - AAAA11111</div>
<div class="prc">23,000<span class="cu">円</span></div>
<div class="ex">吾輩は猫である。名前はまだ無い。どこで生れたかとんと見当がつかぬ。</div>
<div class="buy"><a href="#">詳細</a></div>
</div>
<div class="price_card-in">
<div class="ttl">商品名A - AAAA11111</div>
<div class="prc">23,000<span class="cu">円</span></div>
<div class="ex">吾輩は猫である。名前はまだ無い。どこで生れたかとんと見当がつかぬ。</div>
<div class="buy"><a href="#">詳細</a></div>
</div>
<div class="price_card-in">
<div class="ttl">商品名A - AAAA11111</div>
<div class="prc">23,000<span class="cu">円</span></div>
<div class="ex">吾輩は猫である。名前はまだ無い。どこで生れたかとんと見当がつかぬ。</div>
<div class="buy"><a href="#">詳細</a></div>
</div>
</div>

フロー図:flow_chart

登録からお仕事開始までの流れ

  • 登録の申し込み
    吾輩は猫である。名前はまだ無い。どこで生れたかとんと見当がつかぬ。吾輩は猫である。名前はまだ無い。どこで生れたかとんと見当がつかぬ。吾輩は猫である。名前はまだ無い。どこで生れたかとんと見当がつかぬ。
  • 登録のご説明
    吾輩は猫である。名前はまだ無い。どこで生れたかとんと見当がつかぬ。
  • 登録書類のご記入
    吾輩は猫である。名前はまだ無い。どこで生れたかとんと見当がつかぬ。吾輩は猫である。名前はまだ無い。どこで生れたかとんと見当がつかぬ。吾輩は猫である。名前はまだ無い。どこで生れたかとんと見当がつかぬ。
  • コーディネーターとの面談
    吾輩は猫である。名前はまだ無い。どこで生れたかとんと見当がつかぬ。
  • お仕事開始
    吾輩は猫である。名前はまだ無い。どこで生れたかとんと見当がつかぬ。吾輩は猫である。名前はまだ無い。どこで生れたかとんと見当がつかぬ。吾輩は猫である。名前はまだ無い。どこで生れたかとんと見当がつかぬ。
 HTMLコード<div class="flow_chart">
<p class="ttl">登録からお仕事開始までの流れ</p>
<ul>
<li class="flow-box">
<div class="flow-l">登録の申し込み</div>
<div class="flow-r">吾輩は猫である。名前はまだ無い。どこで生れたかとんと見当がつかぬ。吾輩は猫である。名前はまだ無い。どこで生れたかとんと見当がつかぬ。吾輩は猫である。名前はまだ無い。どこで生れたかとんと見当がつかぬ。</div></li>
<li class="flow-box">
<div class="flow-l">登録のご説明</div>
<div class="flow-r">吾輩は猫である。名前はまだ無い。どこで生れたかとんと見当がつかぬ。</div></li>
<li class="flow-box">
<div class="flow-l">登録書類のご記入</div>
<div class="flow-r">吾輩は猫である。名前はまだ無い。どこで生れたかとんと見当がつかぬ。吾輩は猫である。名前はまだ無い。どこで生れたかとんと見当がつかぬ。吾輩は猫である。名前はまだ無い。どこで生れたかとんと見当がつかぬ。</div></li>
<li class="flow-box">
<div class="flow-l">コーディネーターとの面談</div>
<div class="flow-r">吾輩は猫である。名前はまだ無い。どこで生れたかとんと見当がつかぬ。</div></li>
<li class="flow-box">
<div class="flow-l">お仕事開始</div>
<div class="flow-r">吾輩は猫である。名前はまだ無い。どこで生れたかとんと見当がつかぬ。吾輩は猫である。名前はまだ無い。どこで生れたかとんと見当がつかぬ。吾輩は猫である。名前はまだ無い。どこで生れたかとんと見当がつかぬ。</div></li>
</ul>
</div>

フロー図:flow_chart

タイトルが入ります。タイトルが入ります。吾輩は猫である。名前はまだ無い。どこで生れたかとんと見当がつかぬ。何でも薄暗いじめじめした所でニャーニャー泣いていた事だけは記憶している。吾輩はここで始めて人間というものを見た。しかもあとで聞くとそれは書生という人間中で一番獰悪な種族であったそうだ。この書生というのは時々我々を捕えて煮て食うという話である。しかしその当時は何という考もなかったから別段恐しいとも思わなかった。ただ彼の掌に載せられてスーと持ち上げられた時何だかフワフワした感じがあったばかりである。
タイトルが入ります。タイトルが入ります。吾輩は猫である。名前はまだ無い。どこで生れたかとんと見当がつかぬ。何でも薄暗いじめじめした所でニャーニャー泣いていた事だけは記憶している。吾輩はここで始めて人間というものを見た。しかもあとで聞くとそれは書生という人間中で一番獰悪な種族であったそうだ。この書生というのは時々我々を捕えて煮て食うという話である。しかしその当時は何という考もなかったから別段恐しいとも思わなかった。ただ彼の掌に載せられてスーと持ち上げられた時何だかフワフワした感じがあったばかりである。
 HTMLコード<div class="flow_chart2">
<div class="img"><img class="alignnone size-full wp-image-725" src="http://laplusbox8.com/wp-content/uploads/noimage-mid.png" alt="" width="300" height="200" /></div>
<div class="txt"><strong>タイトルが入ります。タイトルが入ります。</strong>吾輩は猫である。名前はまだ無い。どこで生れたかとんと見当がつかぬ。何でも薄暗いじめじめした所でニャーニャー泣いていた事だけは記憶している。吾輩はここで始めて人間というものを見た。しかもあとで聞くとそれは書生という人間中で一番獰悪な種族であったそうだ。この書生というのは時々我々を捕えて煮て食うという話である。しかしその当時は何という考もなかったから別段恐しいとも思わなかった。ただ彼の掌に載せられてスーと持ち上げられた時何だかフワフワした感じがあったばかりである。</div>
</div>
<div class="flow_mark"><img src="http://laplusbox8.com/wp-content/themes/sw/img/flow_mark.png" /></div>
<div class="flow_chart2">
<div class="img"><img class="alignnone size-full wp-image-725" src="http://laplusbox8.com/wp-content/uploads/noimage-mid.png" alt="" width="300" height="200" /></div>
<div class="txt"><strong>タイトルが入ります。タイトルが入ります。</strong>吾輩は猫である。名前はまだ無い。どこで生れたかとんと見当がつかぬ。何でも薄暗いじめじめした所でニャーニャー泣いていた事だけは記憶している。吾輩はここで始めて人間というものを見た。しかもあとで聞くとそれは書生という人間中で一番獰悪な種族であったそうだ。この書生というのは時々我々を捕えて煮て食うという話である。しかしその当時は何という考もなかったから別段恐しいとも思わなかった。ただ彼の掌に載せられてスーと持ち上げられた時何だかフワフワした感じがあったばかりである。</div>
</div>

イメージボックススタイル

サンプル画像
タイトルが入ります吾輩は猫である。名前はまだ無い。どこで生れたかとんと見当がつかぬ。何でも薄暗いじめじめした所でニャーニャー泣いていた事だけは記憶している。吾輩はここで始めて人間というものを見た。しかもあとで聞くとそれは書生という人間中で一番獰悪な種族であったそうだ。この書生というのは時々我々を捕えて煮て食うという話である。しかしその当時は何という考もなかったから別段恐しいとも思わなかった。ただ彼の掌に載せられてスーと持ち上げられた時何だかフワフワした感じがあったばかりである。
 HTMLコード<div class="image_box">
<div class="img"><img src="http://laplusbox8.com/wp-content/uploads/noimage-mid-300x200.png" alt="サンプル画像" /></div>
<div class="txt"><strong>タイトルが入ります</strong>吾輩は猫である。名前はまだ無い。どこで生れたかとんと見当がつかぬ。何でも薄暗いじめじめした所でニャーニャー泣いていた事だけは記憶している。吾輩はここで始めて人間というものを見た。しかもあとで聞くとそれは書生という人間中で一番獰悪な種族であったそうだ。この書生というのは時々我々を捕えて煮て食うという話である。しかしその当時は何という考もなかったから別段恐しいとも思わなかった。ただ彼の掌に載せられてスーと持ち上げられた時何だかフワフワした感じがあったばかりである。</div>
</div>

料金プラン:rate_plan

商品名A – AAAA11111 商品名B – AAAA11111 商品名C – AAAA11111
月額料金 10,000 20,000 30,000
特徴
ネットショップ
ECサイトとブログを含む
AAAAA AAAAA AAAAA
ネットショップ
ECサイトとブログを含む
BBBBB BBBBB BBBBB
ネットショップ
ECサイトとブログを含む
CCCCC CCCCC CCCCC
ネットショップ
ECサイトとブログを含む
DDDDD DDDDD DDDDD
詳細 詳細 詳細
 HTMLコード<table class="rate_plan">
<tbody>
<tr class="ttl">
<th></th>
<th>商品名A – AAAA11111</th>
<th>商品名B – AAAA11111</th>
<th>商品名C – AAAA11111</th>
</tr>
<tr class="prc">
<th>月額料金</th>
<td>10,000<span class="cu">円</span></td>
<td>20,000<span class="cu">円</span></td>
<td>30,000<span class="cu">円</span></td>
</tr>
<tr>
<th class="feature" colspan="4">特徴</th>
</tr>
<tr>
<th>ネットショップ
ECサイトとブログを含む</th>
<td>AAAAA</td>
<td>AAAAA</td>
<td>AAAAA</td>
</tr>
<tr>
<th>ネットショップ
ECサイトとブログを含む</th>
<td>BBBBB</td>
<td>BBBBB</td>
<td>BBBBB</td>
</tr>
<tr>
<th>ネットショップ
ECサイトとブログを含む</th>
<td>CCCCC</td>
<td>CCCCC</td>
<td>CCCCC</td>
</tr>
<tr>
<th>ネットショップ
ECサイトとブログを含む</th>
<td>DDDDD</td>
<td>DDDDD</td>
<td>DDDDD</td>
</tr>
<tr class="buy">
<th></th>
<td><a href="#">詳細</a></td>
<td><a href="#">詳細</a></td>
<td><a href="#">詳細</a></td>
</tr>
</tbody>
</table>

Q&A

吾輩は猫である。名前はまだ無い。どこで生れたかとんと見当がつかぬ。?
吾輩は猫である。名前はまだ無い。どこで生れたかとんと見当がつかぬ。吾輩は猫である。名前はまだ無い。どこで生れたかとんと見当がつかぬ。吾輩は猫である。名前はまだ無い。どこで生れたかとんと見当がつかぬ。
 HTMLコード<div class="faq_list">
<dl>
<dt>吾輩は猫である。名前はまだ無い。どこで生れたかとんと見当がつかぬ。?</dt>
<dd>吾輩は猫である。名前はまだ無い。どこで生れたかとんと見当がつかぬ。吾輩は猫である。名前はまだ無い。どこで生れたかとんと見当がつかぬ。吾輩は猫である。名前はまだ無い。どこで生れたかとんと見当がつかぬ。</dd>
</dl>
</div>

ポイント説明::point_list

見出し見出し

キャプションキャプションキャプションキャプション

文章が入ります。文章が入ります。文章が入ります。文章が入ります。文章が入ります。

見出し見出し

キャプションキャプションキャプションキャプション

文章が入ります。文章が入ります。文章が入ります。文章が入ります。文章が入ります。

見出し見出し

キャプションキャプションキャプションキャプション

文章が入ります。文章が入ります。文章が入ります。文章が入ります。文章が入ります。

見出し見出し

キャプションキャプションキャプションキャプション

文章が入ります。文章が入ります。文章が入ります。文章が入ります。文章が入ります。

見出し見出し

キャプションキャプションキャプションキャプション

文章が入ります。文章が入ります。文章が入ります。文章が入ります。文章が入ります。

 HTMLコード<div class="point_list"><section><header>
<p class="ttl">見出し見出し</p>
<p class="cap"><small>キャプションキャプションキャプションキャプション</small></p>
</header>文章が入ります。文章が入ります。文章が入ります。文章が入ります。文章が入ります。
</section><section><header>
<p class="ttl">見出し見出し</p>
<p class="cap"><small>キャプションキャプションキャプションキャプション</small></p>
</header>文章が入ります。文章が入ります。文章が入ります。文章が入ります。文章が入ります。
</section><section><header>
<p class="ttl">見出し見出し</p>
<p class="cap"><small>キャプションキャプションキャプションキャプション</small></p>
</header>文章が入ります。文章が入ります。文章が入ります。文章が入ります。文章が入ります。
</section><section><header>
<p class="ttl">見出し見出し</p>
<p class="cap"><small>キャプションキャプションキャプションキャプション</small></p>
</header>文章が入ります。文章が入ります。文章が入ります。文章が入ります。文章が入ります。
</section><section><header>
<p class="ttl">見出し見出し</p>
<p class="cap"><small>キャプションキャプションキャプションキャプション</small></p>
</header>文章が入ります。文章が入ります。文章が入ります。文章が入ります。文章が入ります。
</section></div>

リンクボタン:blk

リンクボタン(1個)

 HTMLコード<div class="blk"><a href="#">詳細はこちら <i class="fa fa-arrow-circle-right" aria-hidden="true"></i></a></div>

リンクボタン(2個)

 HTMLコード<div class="blk"><a href="#">詳細はこちら <i class="fa fa-arrow-circle-right" aria-hidden="true"></i></a><a href="#">詳細はこちら <i class="fa fa-arrow-circle-right" aria-hidden="true"></i></a></div>

リンクボタン(3個)

 HTMLコード<div class="blk"><a href="#">詳細はこちら <i class="fa fa-arrow-circle-right" aria-hidden="true"></i></a><a href="#">詳細はこちら <i class="fa fa-arrow-circle-right" aria-hidden="true"></i></a><a href="#">詳細はこちら <i class="fa fa-arrow-circle-right" aria-hidden="true"></i></a></div>

リンクボタン(4個)

 HTMLコード<div class="blk"><a href="#">詳細はこちら <i class="fa fa-arrow-circle-right" aria-hidden="true"></i></a><a href="#">詳細はこちら <i class="fa fa-arrow-circle-right" aria-hidden="true"></i></a><a href="#">詳細はこちら <i class="fa fa-arrow-circle-right" aria-hidden="true"></i></a><a href="#">詳細はこちら <i class="fa fa-arrow-circle-right" aria-hidden="true"></i></a></div>

リンクボタン(2個/中央)

 HTMLコード<div class="blk blk-c"><a href="#">詳細はこちら <i class="fa fa-arrow-circle-right" aria-hidden="true"></i></a><a href="#">詳細はこちら <i class="fa fa-arrow-circle-right" aria-hidden="true"></i></a></div>

リンクボタン(4個/中央)

 HTMLコード<div class="blk blk-c"><a href="#">詳細はこちら <i class="fa fa-arrow-circle-right" aria-hidden="true"></i></a><a href="#">詳細はこちら <i class="fa fa-arrow-circle-right" aria-hidden="true"></i></a><a href="#">詳細はこちら <i class="fa fa-arrow-circle-right" aria-hidden="true"></i></a><a href="#">詳細はこちら <i class="fa fa-arrow-circle-right" aria-hidden="true"></i></a></div>

リンクボタン(マルチ)

 HTMLコード<div class="blk blk-multi"><a href="#">詳細はこちら <i class="fa fa-arrow-circle-right" aria-hidden="true"></i></a><a href="#">詳細はこちら <i class="fa fa-arrow-circle-right" aria-hidden="true"></i></a><a href="#">詳細はこちら <i class="fa fa-arrow-circle-right" aria-hidden="true"></i></a><a href="#">詳細はこちら <i class="fa fa-arrow-circle-right" aria-hidden="true"></i></a></div>

チャットスタイル:chat_normal

チャットスタイル(通常)

名前

吾輩は猫である。名前はまだ無い。どこで生れたかとんと見当がつかぬ。何でも薄暗いじめじめした所でニャーニャー泣いていた事だけは記憶している。吾輩はここで始めて人間というものを見た。しかもあとで聞くとそれは書生という人間中で一番獰悪な種族であったそうだ。この書生というのは時々我々を捕えて煮て食うという話である。しかしその当時は何という考もなかったから別段恐しいとも思わなかった。ただ彼の掌に載せられてスーと持ち上げられた時何だかフワフワした感じがあったばかりである。
 HTMLコード<div class="chat_normal">
<div class="img">
<img class="alignnone size-full wp-image-626" src="http://laplusbox8.com/wp-content/uploads/noimage.png" alt="" width="150" height="150" />
<p class="name">名前</p>
</div>
<div class="ex">吾輩は猫である。名前はまだ無い。どこで生れたかとんと見当がつかぬ。何でも薄暗いじめじめした所でニャーニャー泣いていた事だけは記憶している。吾輩はここで始めて人間というものを見た。しかもあとで聞くとそれは書生という人間中で一番獰悪な種族であったそうだ。この書生というのは時々我々を捕えて煮て食うという話である。しかしその当時は何という考もなかったから別段恐しいとも思わなかった。ただ彼の掌に載せられてスーと持ち上げられた時何だかフワフワした感じがあったばかりである。</div>
</div>

(3)ランディングページ用デザイン

見出し

背景色が変更可能なテーブル見出し:headline_table

テーブル見出し

文章が入ります。文章が入ります。文章が入ります。文章が入ります。文章が入ります。文章が入ります。文章が入ります。文章が入ります。文章が入ります。文章が入ります。文章が入ります。文章が入ります。文章が入ります。文章が入ります。文章が入ります。文章が入ります。文章が入ります。文章が入ります。

 HTMLコード<table class="headline_table">
<tbody>
<tr>
<td>テーブル見出し</td>
</tr>
</tbody>
</table>

(4)その他

アイコン

awesome font

ホーム
チェック
ダウンロード
注意
カート
アイコンリスト

 HTMLコード<p><i class="fa fa-home"></i> ホーム</p>
<p><i class="fa fa-check"></i> チェック</p>
<p><i class="fa fa-download"></i> ダウンロード</p>
<p><i class="fa fa-warning"></i> 注意</p>
<p><i class="fa fa-shopping-cart"></i> カート</p>

レスポンシブ画像

レスポンシブイメージ – プラグインなし

レスポンシブイメージ – プラグインあり

 HTMLコード<img class="res_img" src="http://laplusbox8.com/wp-content/themes/sw/img/responsiveimg.png">
※スマートフォンサイズ(468px以下)ではresponsiveimg_sp.pngという画像に切り替わる

(2)コンポーネント

チームメンバー

カウントダウン

お問い合わせ

お気軽にお問い合わせください。

スピリチュアルカウンセリングに関することはお気軽にお問い合わせください!

080-5233-3788

電話が繋がりにくいときがあります。

まずはメールでお問い合わせ下さい。

平日 10:00 - 20:00/土日 10:00 - 18:00
(不定休)

お問い合わせ

メールは24時間受け付けております。

ソーシャルボタン

こちらの記事も読まれています。

  • 自分のパワーはパワーグッズが上げてくれると信じると限定されてしまう自分のパワーはパワーグッズが上げてくれると信じると限定されてしまう もしあなたがパワーを求めて探していたとします。 グッズやスポットを求めるのはエネルギー不足を補いたいから… 自分にパワーがない、足りないという想いがあるからかもしれません。 でもパワーがないと信じるのは、 自分の存在を無くす方向に向かっていく事になります。 人は自分よりパワーがある人に遭遇すると恐れを抱きます。 そしてパワーが無いようにと望 […]
  • 自分の犯した罪の意識を癒せないと同じ意識を見たり触れたりする時に誰かを罰してしまう自分の犯した罪の意識を癒せないと同じ意識を見たり触れたりする時に誰かを罰してしまう エゴはこの罪の意識を強烈に反映しているのです。 過去の人生(実際には今)で犯した罪を解消するためにあなたは今の世界の今の環境の今にいます。 自分を許せないでいると同じことをした人を許せないとなり罰してしまうので、また罪の意識が強くなってしまいます。 それにはなかなか気がつかなくて、次第に自分も苦しくなるのです。  悪い巡りを繰り返してしまうのです。 […]
  • 自分が変化すると周りが変わったと感じるトリックにはまらないように自分が変化すると周りが変わったと感じるトリックにはまらないように 【この世界は自分の心の写し鏡です】 親兄弟、夫婦、親戚、友人知人、そして毎日出会う見ず知らずの人々・・・・ そのすべてが自分の波動の反映です。 それはちょうどこんな感じなのです。 あなたの周りには数えきれない鏡があります。大きさや角度がそれぞれ違う鏡に囲まれていると想像してください。 少しずつ違う鏡に映る自分は、普通の鏡に映る自分、つまり普段見て […]
  • 動物霊の特徴と霊障のよくあるパターンとは動物霊の特徴と霊障のよくあるパターンとは 【動物霊とは】 大きく分けて 動物の霊と動物的性質のある人の念の霊、また集合霊になります。 この2つで取り憑きやすいのは、動物的性質の人の霊のほうです。 【亡くなった動物の霊】 ペットとして大切にされた動物霊は浄化して飼い主を守ったりすることもあります。 また虐待や事故死の場合は未浄化霊となり稀に取り憑くこともあります。屠殺された動物の念は […]
  • 先祖供養について先祖供養について 自分が存在しているのは親がいたからです。 その両親にもそれぞれ親がいました。その親にもその親にも、とさかのぼっていくと最後は神様に行きつきます。 誰にも果てしないご先祖がいるのですから、その供養について少し理解が深まるといいですよね? 自分が死んだとしましょう、あなたは残された家族から供養される立場になりました。さて、ご身内はあなたに対してどんな供養していく […]

前後の記事

  前の記事
  次の記事
PAGE TOP